1つの良い習慣が生活を劇的に変える!『自分を変える習慣力』三浦将著


この『自分を変える習慣力』は、2015年12月初版にもかかわらず、未だに書店でよく見かけます。

それだけ人々が「自分や生活を変えたい」と欲しているのだと推測できます。

私も、”習慣化”が気になりだいぶ前に本書を手に入れたのですが、改めて読んでみるとうなずくところが多々あったので紹介したいと思います。

変えたい習慣を1つ決めて実行することで、他の習慣にも変化が現れる!

この本の中で紹介されている男性は、朝5時に起きるということを習慣にしたことで、

食生活や働き方、体型、お金の使い方などすべてに変化があったというのです。

そんなバカな・・ただのまぐれじゃないの?と半ば疑心暗鬼で本書を読み進めていくと、

なるほど、という部分があったのです。

自分が習慣化して変えたい本当の目的を知る

“あなた自身が腹落ちしている目的意識なしに習慣化に取り組んでも、

あなたの心と体の芯からの継続力が伴ってこないのです。

そもそもなんのために習慣化したいのか?

本当の目的を自分自身で確かめてみることによって、この芯からの継続力が生まれます”

なぜそれを達成したいのか、その問いへの答えに本当の目的があるということです。

習慣化はただの変化ではなく、目的を持つことで、なりたい自分への「自己実現」を満たすことになる。

だから、この「なんのために」がとても重要だということです。

本当の目的を探る方法とは?

さて、その目的を探る方法として、本書では次の5つの質問に答えていくという方式が紹介されています。

1、今後取り組んでみたいと感じている習慣を一つ挙げてください。[A]

2、[A]を習慣化したいのは、なんのためですか? [B]

3、[B]という目的が達成できたとしたら、さらに何をしたいですか? [C]

4、[C]が達成できたら、さらに何をしたいですか? [D]

5、[D]が達成できたら、さらに何をしたいですか?

質問を繰り返していくことで、本当の目的が見えてくるというものです。

上の質問に答えていった結果、私の場合は本当の目的が「好きなときに旅をする」ことのようです。

1、朝4時起き
2、ランニング、ブログを書く
3、痩せて、今まで着れなかったような可愛い服を着る
4、友人とごはん、お茶、楽しいおしゃべり
5、好きなときに旅する

確かに好きなときに旅に出れたらいいなぁと思うのです。

そして旅先で、仕事ができたら最高だろうとも思います。

そのために4時起きを習慣化したいのか、私。

婚活の仕事と旅を掛け合わせできないかな⁽⁽ ◝(´꒵ `◍)◟ ₎₎

習慣化を成功させるには、潜在意識を書き換えること

さて、習慣化といってもなかなか定着しないのが現実ではないでしょうか?

せっかく新しいことを始めたのに、三日坊主になって、結局続かないという思いをした人は多いはず。

「人間の日々の行動のほとんどは、潜在意識に支配されている」のだそう。

そして、その潜在意識のプログラムを書き換えることが、習慣化するということだと著者は言っています。

注意しなくてはいけないのは、潜在意識の習性。

“潜在意識は「安心安全第一」で動いているので、基本的に現状維持を続けるために働く。”

なので、新しいことは「危険なこと」と認識されてしまい、なかなか定着しないのです。

では、新しいことを習慣化するにはどうすればいいのかというと、

意識や意志の力を使わなくても、自動的にできるところまではうまくコントロールしていくことがポイントです。

そのためには、

“1つのことに集中する”、

“まずは定着させることを目的にする”、

“頑張りすぎない、無理しない”とのこと。

ランニングを習慣化したくて1ヶ月たった、私の現状

私は、結婚して地元である富士宮に帰ってきて、3年で10kg太りました。

もともと痩せていたわけでもないのに10kgも太ると、悲惨な状況になります(笑)

それで、ランニングを習慣化したくて、3月の初めから挑戦しています。

せっかくなので、毎日の記録をブログに書き、

Facebookでその記事をシェアすることでモチベーションを作っています。

3/4から始めて、今日3/30まで26日が経過しましたが、特に今週は毎日走っています。

最初は「毎日走る」と決めていたわけではなく、途中で走れない日もありました。

とにかく潜在意識を自動モードにすることを意識し、ランニングが気持ちよくなるように心がけました。

習慣化するまでは、3週間かかると言われていますが、その通りだと思います。

このまま、自動モードがきれずランニングをしていく日々が続いていくよう頑張りたいです!!