ゴキゲンな人を増やすプロジェクト・100年日記とは?(2)


ライフシートで人生の設計図をたてる

「100年日記」の設計図となる「ライフシート」は、

年単位で自分の目標や夢、やりたいことを記入できるシートです。

IMG_1780

この「ライフシート」に、やりたいことをどんどん記入しています。

実現できるとかできないとかは、ちょっと脇に置いておいときます。

とりあえずいつまでに、こうなっていたいという内容を書き込んでいきます。

・やりたいこと
・できないと思うけどやってみたいこと
・取得したい資格、スキル
・受けたいセミナー
・健康、ダイエットに関して
・家族のこと
・旅行の計画

などなど。

やりたいことを書き出していくと、ワクワクしてきます。

ワクワクを100個くらい書いてみましょう。

毎月の目標をたてる「フォーカス」欄

「100年日記」のシートは、月ごとになっています。

シートの一番上に、その月の目標をかかげる「フォーカス」の欄があります。

特に意識してやりたいこと、続けたいことなどを書くものです。

ダイエットのために、今月は1kg痩せようとか、毎日ウォーキングをしようなど

自分の目標達成のために今月頑張りたいことを書きます。

IMG_1780

2015年の12月までに5kg痩せるとライフシートに書いたとするなら、

毎月何kgやせていればいいのか計画できるということになります。

見返したときに、自分の姿が一目でわかる

「100年日記」の最大の特徴は、その月のその日、

自分が何をしていたか一目で確認することができるところです。

2015年6月22日の自分と、2016年、2017年の同じ日の自分が

どう変わっていってるのかを確認できるシートが「マンスリーシート」になります。

日記を読み返した時に、自分が成長しているのかがわかるようになっています。

普通の日記より、この「マンスリーシート」なら

月ごとに見開きで見渡せることができるのです。

人と比べるのではなく、過去の自分と比べることで、

未来に向かって夢を叶えるにはどうすればいいのか、

自分で戦略や方法を練ることができるのです。

書けない日があっても気にしない

100年日記は、書き続けることで自分の成長を感じたり、

目標に向かっていく羅針盤にしたり、気づきを得たりするものです。

「続ける」ことが大きなカギとなります。

たとえ書けない日があったとしても深く考えないで割り切ってしまいましょう。

書けない日もあるさ〜ぐらい気楽な気持ちが大切です。

続けるためのコツとしては、日記を書く時間を設定することです。

朝コーヒーを飲みながらとか、夜の夕食後の時間とか、電車の中など、

決まった場所や時間に書くと無理なく続けることができます。

100年日記で、夢を叶える習慣を身につけませんか?

100年日記勉強会のお知らせ

近々「100年日記」の勉強会を開催したいなぁと考えています。

やりたいことを100個書き出す方法、マンスリーシートの活用方法など、

100年日記をより深く知るためのを勉強会をしていく会にしていきたいと思います。

詳細はfacebookページで告知していきます↓↓

いいね!ボタンでフォローされます。

次回は勉強会でお会いしましょう!