結婚をあきらめるのはまだ早い!:時間管理で婚活は回り出す


突然ですが「自分は結婚できないかも」と思っていませんか?

真面目で、人柄もいいのに自分からあきらめていませんか?

もしかしたら、それは思い込みかもしれません。

いまの現状が「結婚できないと錯覚させる」状況だけなのかもしれません。

現状を変えるだけで、結婚を引き寄せる可能性は大いにあります。



忙しい日々を送っていませんか?

婚活世代は、働き盛りの世代です。

会社でも重宝され、責任感の強いあなたは残業を引き受けていませんか?

また、人材不足の会社で「仕事が終わらない」から残業をしている人も多いと思われます。

土日は、疲れを癒したり、たまった洗濯などで終わってしまう生活。

これでは、婚活どころではありませんね。

毎日時間に追われ、婚活まで気持ちが動かなかったとき、

「時間管理」と「習慣化」についての本と出会いました。

「時間管理」については、吉越浩一郎さんと立花岳志さんの著書『デッドライン仕事術』。

「TodoistとTogglを使う時間管理方法」が、とても参考になりました。

また、吉越浩一郎さん著『デッドライン仕事術』には、

残業の悪循環スパイラルを知りました。

その結果、残業をしないでパフォーマンスをあげるには

どうすればいいかを考えるようになりました。

「習慣化」については、

古川武士さん著『30日で人生を変える「続ける」習慣』が参考になりました。

「時間管理」「習慣化」を学んだことで、自分の時間を得ることができ、

今何が大事なのかと、優先順位も考えられるようになりました。

難しいそうに見える時間管理も、

「TodoistとToggl」を使うことで徐々に習慣化されていきます。

今度また、あらためて記事にしてみたいなぁと思っています。

時間的に余裕がうまれることの重要性

IMG_1780

時間に余裕ができると、心にも余裕が生まれます。

映画を観にいったら、とてもステキな映画と出会えて気分が盛り上がったりします。

書店にいくと、自分の欠点をズバッと指摘してくれる本が見つかり、

「実践してみよう」という気になるかもしれません。

「変えたい」と思っていることができるようになれば、自信がつきますね。

それは、顔つきや行動にも現れるのです。

好きなスポーツを始めようと、友達に誘われて行ったら

ステキな出会いがあるかもしれません。

「結婚してみようかな」と思い始めるのだけでも、行動は変わってきます。

意思の変化で「残業を切り上げて今日は⚪︎⚪︎しよう」となりますね。

まとめ

働き盛りの婚活世代は、とにかく忙しい。

まずは時間を作り出すことが、結婚の早道かもしれません。